オーリスタットとお風呂マッサージで顔痩せ

顔はダイエットしても痩せにくいパーツと言われています。体は細い人でも、顔だけ大きいという人もいます。
顔が大きく見えてしまう理由は、ほとんどがむくみによるものです。つまり顔に不要な水分がたまってしまうことで、二重顎に見えてしまったり、輪郭が本来よりも大きく見えてしまっているだけということです。もともとの顔の大きさは個人差はほとんどないと言われていますから、どんな人でも小さくできる可能性はあります。
エラが張っている人だと、咬む筋肉(口輪筋)が発達しすぎているのが原因になっていることもあり、この場合にはむくみをとってもあまり効果は感じにくいです。この場合には、即効性を求めるならばエステのボトックス注射で強制的に咬む筋力を衰えさせる方法が効果的です。時間がかかっても良いならば、片頬の歯で咬む癖を直すなどが対処法です。
むくみの場合には、お風呂でリンパマッサージを行うと良いです。耳の付け根から首、鎖骨のあたりにかけてリンパ管が走っているので、その辺りを撫でさするようにすると流れが良くなります。お風呂でやる理由は、体が温まっているので体液の流れが良くなっているからです。
マッサージする時には、必ずマッサージ用のジェルか、石鹸の滑りを利用してマッサージするようにします。そうでないとこすりすぎで肌を傷めてしまう危険性があります。
お風呂マッサージ以外のダイエット方法では、オーリスタットという肥満治療薬を使う方法が効果的です。オーリスタットは脂肪を分解する酵素リパーゼの働きを阻害することで、体に吸収する脂肪の量を70%に抑える薬です。オーリスタットは肥満治療の専門病院などで処方されていますが、ネット通販で処方箋なしで購入することも出来ます。