ささみとオーリスタットで高血圧を改善しよう

ささみの利点は、低カロリー、低脂肪、高タンパク、という所です。タンパク質は筋肉の原料になるので欠かせない栄養素ですが、肉や魚などから摂取すると脂肪とカロリーも多く摂取してしまうことが多いです。
しかし、ささみはタンパク質が豊富で、カロリーと脂肪が少ないという特徴があります。
また、疲労回復に役立つビタミンB群が豊富に含まれています。パントテン酸(ビタミンB5)も含まれており、これには新陳代謝をアップして痩せやすくしたり、美肌をサポートしてくれる効果が期待できます。
ささみは淡白な味なので、どのような料理にも使えるという点もメリットです。和食、洋食、中華、などどんな料理にも合います。また、消化吸収効率が良いので、病人食などにも使われています。
ささみはダイエット向きの肉なので、肥満による高血圧の改善にも役立ちます。医師から痩せるように指導を受けた場合には、ささみ料理で糖質制限をしながらダイエットすると効果的です。少しの脂肪分も気になるという人は、オーリスタットという脂肪吸収を抑える薬もあります。
オーリスタットは肥満治療病院でも肥満治療に使われている薬で、使うと膵臓の脂肪分解酵素リパーゼの働きが抑えられて、食べた脂肪分のうち30%を未吸収にして排出してくれます。
オーリスタットはついている脂肪そのものを排出する薬ではありませんが、継続して使うことで摂取カロリーが日々抑えられて、肥満を改善する硬化が期待出来ます。
高血圧の人は濃い味付けを好む人も多いですが、濃い味付けは食欲を刺激してしまいます。また、ナトリウムの摂り過ぎは血管内に水分を取り込むことを促進させて血管に負担をかけて、高血圧を悪化させてしまう原因になります。